手相とタロットの体験談

手相の体験談

方位の体験談

タロットの体験談




  

手相とタロットの体験談


                       鑑定師:原田茉由先生

西谷泰人の鑑定日記 2015年12月22日より


       共に2年後に “結婚の印” がある男女を鑑定。
             その二人はどうなったか

  鑑定に男女のカップルが

 昨年12月、都内のある会場で、大きなクリスマスイベントがありました。

 そこの会場には「占いコーナー」が設置されており、占いをご希望のお客様に鑑定(有料)をする、という企画です。

 私の所にイベント企画の会社より、
 「占い師の先生を、誰かお願いしたいのですが・・・」 という依頼が来ました。

 そこで私は、「開運パビリオン」の人気占い師・原田茉由(まゆ) 先生に出演してもらいました。

  私は、鑑定を傍で見ることに・・・

 当日、私(西谷)は招待されていましたので、占いコーナーに居て、原田先生の鑑定を傍で見ることが出来ました。
 
 そこに、男女2人組(20代後半)が、鑑定にいらっしゃった。

  男女のカップルの手相には、共に2年後に“結婚”の印があった!

 原田先生は、カップルを1人ずつ鑑定したのですが、2人目に彼女を見た時に、「おやっ?」と思ったのでした。

 二人とも、手相の2年後の位置に、“結婚の印” が入っていたのです。

 もっとも鑑定中は、お付き合いをしている事を、隠しているお二人でした。

 「お二人とも、2年後に結婚する印があります」
 そう、お二人にお伝えした原田先生でした。

 そして、そのカップルの鑑定は、終了しました。

  この二人は “結婚” する、と読む

 「未来の“結婚期”が一致している・・・」
 こういうカップルの場合は、大体結婚することになります。

 そこで原田先生は、ちょうど横に居た私に、こう言いました。

 「西谷先生、今のお二人は、きっと結婚すると思います。2年後に」

  丸1年後に、再び二人で鑑定に

 そして、丸1年後(今年の12月)、再びクリスマスパーティ−のイベントが開催され、そのカップルが再び会場にやって来たのでした。

 私も、今年も会場に居合わせ、そのお二人と再会しました。

 そして原田先生の鑑定テーブルの前に、二人が座るや、

 「先生、昨年この会場で手相を見てもらった二人です。
 この度私たち、来年 “結婚” する事になりました」

 そんな嬉しい報告を受けたのでした。
 来年が、ちょうど手相に出ていた結婚の年です。

  「タロット占い」 で二人の結婚を占う

 そこで今回は、原田先生が「タロット」で二人の結婚を占うと・・・。

 「一つの山を乗り越えたからこそ、今の幸せがあります」 と カードの答えが。

 それを伝えると、お二人とも、深く納得されていました。
 (実際、ここに来るまで、いろいろあったようです)

 という事で、先日報告を受けた、幸せな出来事でした。
 

   一番上へ戻る



  

手相の体験談


                       鑑定師:麻生しおり先生

西谷泰人の鑑定日記 2016年1月29日より

        手相の「開運線」が教えていた ”幸運”

  麻生先生、妹さんのご主人の “手相” を見る

 今日は、開運パビリオン鑑定師/麻生しおり先生が鑑定した方の “体験談” をご紹介します。

 彼女は、私(西谷)の『手相スクール』・第11期卒です。(現在は45期生募集中)

 2009年のこと。
 麻生先生は、実の妹さんのご主人(義弟)の「手相」を見る機会がありました。

 妹さんのご主人は、当時38歳。
 父の家業が大工さんだった事から、ご主人も大工をなさっていました。

  手相に、1本の開運線が!

 仕事が大工さんですから、手相は活動的な、小じわのないハッキリした手相でした。

 麻生先生がジックリ見ると、ご主人の手相には、とてもハッキリした1本の“開運線”(生命線から上がる縦線)が出ていました。

 流年法で数えると、3年後の “41歳” でした。
 そこで麻生先生は、妹さんの目の前で、

 「ご主人は、41歳で幸運を掴みますよ!」
 と伝えました。

  妹さんご夫婦に起こった事

 当時、妹さんご夫婦は、福島県の海辺地域に住んでいました。
 鑑定後2年経ち、ご主人が40歳の時のことです。

 その年、2011年3月は、もう知らない人はいない、『東日本大震災』 が起こりました。

 妹さんご夫婦の家は、津波で流されたのですが、運良く、住んでいた二階が、隣の家の壊れて流された二階部分と差し替わって、隣の家の上(二階)になっていたと言います。

 その為、家具や貴重品は無事だったそうです。
 ただし、もう家業は廃止するしかありませんでした。

  開運線が上る “41歳” で、起こった事

 そこでご主人は、震災翌年の41歳の時(開運線が上がる年)に、大震災の被害の少なかった県内の A市の工務店で、下請けとして働き始めました。

 すると、仕事熱心で努力家、人柄も良い彼は、たちまち社長や上司に気に入られ昇格。

 そうして最初の年(41歳/2012年)の入社以来、下記のとおり、昇格につぐ昇格・・・。

 <41歳の昇格・役職>
 下請けの作業員 → 元請けの作業員 → 社員採用になり → 現場主任 → 現場監督

 <そして、翌年42歳以降の3年間で>
 課長 → 次長 → そして近々部長という話

 このように41歳の年は、開運線が示す通り、開運のスタートとなり、大きな幸運を引き寄せたのでした。

 それで麻生先生は、妹さんご夫婦から、
 「お姉さん、ピッタリ当たったよ!」

 と、未だにとっても感謝されている、という事でした。

  これも、今の幸運に関係している・・・

 余談ですが・・・。
 このご主人は、震災まで地元の消防団に入っていて、大震災の際、津波で流されたり、溺れそうになっていたお年寄りを、3名救ったそうです。

 そんな事も、ご主人の今の“幸運”に関係しているのでは・・・と思います。
 人を助けると、プラスエネルギー(幸運エネルギー)を得ますから。

 今日は、麻生しおり先生の鑑定の “体験談” をご紹介しました。
 


   一番上へ戻る


      手相を見てもらって、思いっきり気持ちが明るくなりました

 私は、都内の会社で営業マンをしています。

 最近、なかなか眠れないことが悩みで、病院に行っても原因が分からず、ただ薬をくれるだけで、眠れないままが続いていました。

 そんな時に、代々木に占いの店があることを同僚に聞き、金曜日に会社が終わった後、行ってみる事にしました。
 以前から、一度手相を見てもらいたいと思っていたので、まず手相を申し込むことに。

 女性の先生に手相を見てもらう事になりました。
 手相を見るなり、先生にこう言われました。

 「今は生命線に島が出ている時期で、修行中ですから精神的に大変でしょう。わけもなく夜眠れなかったりするのは、それが原因です。
 あと半年でその期間は終わると出ているので、その後はぐっすり眠れるようになりますよ。それから、今の時期は飛ばしすぎないように、肩の力を抜いていきましょう。もう少しの辛抱です」

 そう言われて、急に気持ちが晴れ晴れとしました。
 というのは、このまま眠れない状態が今後もずっと何年も続くんじゃないかと思って、落ち込んでいたからです。

 苦しいのはあと半年で終わる・・・。  それを知って気持ちが変わると、人生本当に明るくなりますね。
 トンネルを抜ける時がもうじき・・・と分かると、こんなにも気持ちが晴れるんだって、初めて知りました。

 それ以来、すっごく元気になって、何時の間にか眠れるようになりました。

 未来が分かる手相って、スゴイな、と思っています。
 


 (Y.H.男性 27歳)  


        お客様(28歳)からお聞きした、手相鑑定の後日談

                       鑑定師:中西美華

 ある日、28歳の女性の方が、開運パビリオンにご相談にいらっしゃいました。

 その方は、転職をご希望なさっていて、自分はどんな職業があっているか、面接を受ける際、どんな事を心がけると良いか、というご相談ででした。
 そこで手相鑑定をいたしました。

 手相を拝見すると、事務処理能力が高いから、その事を活かせる仕事がいいでしょう、とお伝えし、その他いろいろアドバイスをしました。

 その女性は、とっても笑顔が素敵でしたが、 少し暗い印象を受けましたので、 面接の際、必ず微笑むようアドバイスをしました。

 すると、見事に超難関(5次面接まであったそうです) 約100人中1名だけの合格でした。

 受かった理由を面接官にたずねた所、
 「第一印象の笑顔が素敵で、最初から決めていた」 と言われたそうです。

 「中西先生からいただいたアドバイスを元に、面接を受けたところ、見事合格しました」 と、嬉しいご報告に来てくださいました。


   一番上へ戻る


   

方位の体験談

     恋人いない歴37年の私に、吉方位旅行後に恋人が出現!

 全然、恋愛をしたことがない37歳の私は、結婚ってどうしたらいいかと何時も考えていました。

 親に言われて、結婚相談所にも一年入りましたがダメでしたので、このまま独身・・・。それそれはイヤですし。

 そんな時(今年の7月の初め)、代々木の街を歩いている時、偶然に“開運パビリオン”を見つけたんです。
 それで、一度見てもらう事に。

 お店に入り、どの占いがいいかな・・とちょっと考えていると、占い師の先生に、
 「早く結婚したいなら方位学”が一番ですよ」といわれ、「じゃあそれをお願いします」と言っていた私でした。

 鑑定が始まり、
 「昭和51年9月生まれでしたら、六白金星ですね。それなら、八月に北に現地三泊で行ってください。必ず恋人が現れますよ」

 と先生に言われ、

 「本当かな・・・」、と思いましたが、わらをもすがる思いでしたので、「行きます!」 と言っていました。

 地図で行先を見てもらい、住まいの都内から北ど真ん中の秋田にしました。
 それで八月のお盆時期に、はじめて秋田に行きました。

 秋田の吉方位旅行から帰ってくると、驚くことが。
 帰宅後3日後に、なんと会社のもう三年一緒の部署で仕事している男性(42歳)から、食事に誘われて行くことになり、いまでは恋人同士のようになっています。
 先日は彼から、「結婚を前提に付き合ってほしい」 と言われ、びっくりしました。

 以前から、私も気になっていた男性でしたが、全然私に気のあるようなそぶりはなかったのに、旅行後に急に・・でしたから、驚いています。

 方位学を使うとビックリするような幸運が起こりますよ、という鑑定師の先生の言った事は本当だったんだ、と感心しています。

 それ以来、3度「開運パビリオン」に行っています。
 そしてその都度、いろいろ元気になるアドバイスを頂いています。

 (F.K.女性 37歳)


    一番上へ戻る
     

タロットの体験談

        “今は止めた方がいいですよ” の答えに、目が覚める

 私は、不動産物件の購入に関して、買うべきか、止めるべきかで、悩みに悩んでいました。
 何千万円もする物件の購入ですから、失敗はしたくありませんから。

 そこで、「開運パビリオン」で鑑定が受けられることを知り、代々木へ見てもらいに行きました。

 お店に着くと、女性の先生に、「どの占いで見てもらうといいですか?」 と尋ねました。
 すると、目前のどちらがいいかの選択は、『タロット占い』が良いですよ、と勧められ、受けることにしました。

 受けて本当にビックリしました。
 何も言わないのに、私がその物件に思い入れが強いことや、私の気持ちがほぼ買うことに傾いていることなど、怖いぐらいに的中していたからでした。

 でも、こう言われたのです。
 「この物件は今は購入時期ではありません。お止めになった方がいいです。後でいろいろ問題が出てきて、止めとけば良かったというカードが出ています」

 その言葉を聞いて、私は目からウロコが落ちる思いでした。
 それで、すぐに購入せず、しばらく様子を見ることにしました。

 その数日後のこと。
 一時期、購入しようとしていたその物件が、実はいわくつきの物件で、いろいろ問題点があったことを別の不動産屋から聞きました。
 あの時にタロット占いを受けたことは、本当に良かったと思っています。

(S.A.41歳 男性)


        現在経営している、飲食店の今後の見通しはどうか? 


 半年前に開店した飲食店の景気が、思うように伸びず、今後の見通し、対策を相談しました。

 タロット占いは、1年先まで、あるいは半年先、3カ月ぐらい先までの3種類の予測ができるという事でしたので、私は、半年先まで見てもらいました。

 「お店の運営は、大分、改善が加えられて良いものに絞られてきています。しかし、スタート時点の考え、運営方針の何かが違っているために、それが足を引っ張っています。
 新しいものを考えて、新しいやり方にすることが、開運策です」

 結論的には、以上の内容がカードからのアドバイスでした。(実際には、もっと長い時間をかけて解説がありました)
 まさに、このままではいけない、変えなくてはと思っていたものの答えが、「初めにあった」ことが、分かりました。

 今後の指針が明確になったので、本当に受けて良かったと思いました。
 有難うございました。

(T.M.46歳 男性 大阪在住)


        お客様が驚いた、タロットカードのメッセージ

 これは、受付スタッフのNさんがお聞きした話です。

 「開運パビリオン」で中西美華先生のタロット占いを受けた女性の方・Aさんが、翌日感激してお電話を下さいました。

 その方は、不動産物件を売りたいのに、なかなか売れないという事で、タロットカードがどう言っているかを知りたくて、「電話タロット鑑定」を受けられたのでした。

 すると、中西先生がカードで占うと、
 「誰か女の人が、この物件の悪い噂を流していると出ています。それが問題でなかなか売れないのです」

 と出た。それで中西先生が、その事をAさんに伝えたのですね。

 Aさんは、そんな事ってあるのかな・・・と半信半疑で、不動産屋に問いただすと、なんと、本当に、ある女性が、その不動産を売れなくする悪い噂を立てていたのだそうです。

 それでAさんから、鑑定の翌日に、そのタロット占いの正確さに驚いて、感謝の電話がかかって来た、という訳です。
 そんなお便りや体験談は、他にも、いろいろ頂いています。



    一番上へ戻る